半年ぶりに髪をカット

昨年の誕生日前にカットして半年ぶりだから随分と伸びました。
20170406-1.jpg

お店のトラブル防止規約で、女性は3センチ以上カット出来ないのですが、男性扱いで短く刈り上げてもらえました。
20170406-2.jpg

帰りに小名木川沿いの桜を見物。
20170406-3.jpg

20170406-4.jpg

やっと暖かくなって今年初めての散歩でしたが、風が強くて風邪を引かないようすぐに帰りました。

もう今年が最後の桜かもしれないので、散らないうちにまた出かけたいのですが、ずっと天気が良くないようです。


"摘便"は介護の基本なのに医療行為になっている。

排便は、ほとんど毎日ありますが3日来ないと浣腸しています。今日は10時から訪問入浴が有り、入浴中に排便しちゃうと困るので今朝は"摘便"しました。
20170405-2.jpg

30年以上前のことですが、10年患って逝った父の便を、指で搔き出していた母の行為を見ていた事があります。母も入院中に何度か看護師さんに摘便されているのを見学させてもらっているので、私は母の摘便は抵抗なく出来ます。

"摘便"は介護の基本であると書かれている サイト があります。
介護のテクニック 摘便と排便の基本 ・・・しっかり排便することが重要ですが、そのために介護のテクニックとして摘便があります。これは肛門から指をいれて、便をかきまぜて、出やすくするものです。介護の基本なので、ぜひ知っておいて下さい。
20170405-1.jpg

今回、この記事を書く為にネット検索していて「摘便は医療行為」なので介護士はやらない方がいいようなことを書いているみんなの介護コミュニティを見ました。

他にも面白い漫画も(^_^;)。マンガでナースあるある 【1】摘便

病棟のゴールドフィンガー!看護師は下の世話が好き~ に「看護師を辞めたい理由に、下の世話がどうしても慣れることができない、という新人ナースも少なくありません」と書かれていましたが、辞めたい気持ち分かります。

母がオムツをするようになって1年ほどですが、やっとシモの世話にも慣れてきました(^_^;)。摘便が介護の基本なのに医療行為になるのには疑問です。


歌は認知症にも介護ストレスにも良い

先月から歌謡曲を YouTube にアップしようと思い付き、練習を始めました。

10代の時に舟木一夫・西郷輝彦など、よく歌った曲から「ああ青春の胸の血は」を何気なく選び、毎日延々と同じ曲を流し練習ながら母に、うるさい? と聞いたら、顔を横に振って返事をしてくれました。

66歳の私が歌っています。画面をクリックするとYouTubeに飛びます。
aaase.png

みなさぶろうの歌

パソコンに入れた私が歌っているこの歌を、エンドレスでボリューム最高にして流し、母方を見ると、必ず手をあげて私を見ます。

最近は、たまにしゃべってくれるようになりました。やはり音楽は認知症にも良い様ですし、私の介護ストレスの発散になっています。

腹式呼吸による発声をすると呼吸量が大幅に増え、演歌などで腹式発声が身に付いてくると、肺活量も増えてきて、生活習慣病の予防にも効果的です。

次回作、夕焼け雲を練習中です。


誤嚥性肺炎で4度目の入院

誤嚥性肺炎で、22日間4度目の入院してました。
20170204-1.JPG

20170204-4.JPG

20170204-2.JPG
入院前の2週間程食欲がなくなって、かなり痩せてしまったので、もう最後かなと覚悟しての入院でしたが、病院の皆様のお陰でまた甦りました。

20170204-3.JPG
今日 退院して帰宅後すぐに、近所の深川七福神・寿老神にお参りしました。日差しがまぶしくて目が開けられません(^_^;)。
これからまた介護の毎日が続き来ます。


いつも母の枕元で一緒だった 舞(まい)が、母の代わりに逝ってくれたのかと感じる程、突然に死んでしまいました。
19歳7ヵ月、家族の一員でした。舞ちゃんありがとう。


103歳の母と19歳の猫の舞

102歳の誕生日に「さて103歳はやってくるかな」と書きましたが、103歳の誕生日、無事やってきました。19歳の高齢猫の舞も元気で、毎日ベッドの枕元に寄り添ってくれてます。

20161110.JPG

車椅子に座っていると前に倒れてしまうのと、寒くなったので病院などの用が無いと散歩に出る事がなくなり、出かける時も着替えない、パジャマの毎日になってしまいました。

20161110-4.JPG

意思の疎通が効かなくなりました。写真を撮るから笑ってと何度も言ったのですが、最後まで笑顔の顔を撮る事が出来ませんでした。変わりに舞ちゃんが微笑んでくれました。

20161208-3.JPG

先週インフルエンザの予防注射しました。この冬の寒さを乗り切って、来年また散歩に出かけたいです。


久しぶりの眼科検診

近所の森下町眼科クリニックに、久しぶりに本人を連れて目薬をもらいに行き、検診していただきました。

20161027-1.JPG

20161027-2.JPG

20161027-4.JPG

目薬は3種類を処方して頂いてますが、最近は点眼を嫌がることが多くなりました。服用している薬は無いですが、サプリメントは色々飲ませています。103歳までもうすぐです。


1000円カットで散髪

近所の1000円カットで散髪。車椅子に座ったままでやってくれます。
20161014-1.JPG

車椅子に座っていると前方にグニャ〜と背中が曲がってしまうので、カットしにくい迷惑な客でした。

20161014-2.JPG

わが家でも椅子に座っている時など、いつの間にか前に倒れてしまい、自分で起き上がることができずに、悲鳴のような声を上げてることがあります。

20161014-3.JPG

次回は倒れない様に、抑える補助をしなくてはと考えています。103歳の誕生日まで、あと21日です。


2つの訪問入浴事業所をサービスの良い1つに変更する

包括センターから紹介された、大手の介護事業所のサービスを利用していましたが、今月からサービスの良い事業所に変えました。

昨年11月から週1で訪問入浴サービスを受けていて、サービスに不満はなく、一生懸命にやってもらっていましたが、先月から、他所の事業所のサービスも受けて、初めてそのサービスの違いを知りました。

訪問入浴サービスを、週2回に増やそうとお願いしたのですが、空きが無いのでと、他所の利用を言われたのがきっかけでした。

20161008-1.JPG

大まかなサービスの違いは、顔をタオルで拭くだけだったのが、洗剤をつけて洗顔してくれている。言わなくても爪切りや耳掃除をしてくれる。ベッドシーツのサービスがある等。そして看護師・介護師さんは女性だけ。

断った事業所の看護師さんに、バイタルを診るだけで入浴介助は見ているだけの女性がいました。介護士さんと運転手さんの男二人で入浴させてる状態を見て、利用を断る決心をしました。

20161008-2.JPG

介護事業所の看護師さんは、毎回違う方が来てましたし、若い方ばかりで男性が多かったですが、その訳がわかりました。

3年前に看護師になった知人がいますが、4年間の学費返還に、病院の夜勤明けや休みの日は、訪問入浴のバイトをしてる事を先日聞いたのです。

彼が常勤で働いている病院の、シフトが出て休日が決まってから、派遣会社にバイトの依頼を出すので、都内の派遣場所がほとんど無くなっていて、事業所・派遣場所はその都度変り、埼玉県や横浜とか遠くにも派遣されるので大変だとか。

私が利用を断った大手事業所にも派遣される事も多いそうです。

「入浴会社によって全然サービスが違います。結局は常勤の看護師がいるかいないかでしょうか」とも話していました。


覚醒と睡眠時間がその日によって毎日違います。認知症が進み、意思の疎通が悪く成りましたが、あと1ヵ月で103歳の誕生日です。
 


訪問入浴サービスを週2回に増やしてみる

訪問入浴サービスを今月から週2回の利用にしました。初めてのサービス業者さんが今朝9時から訪問入浴に来てくれました。午後を希望したので空きが出たら変更してもらえそうだが、それまでは朝風呂です(^_^;)。

今までのサービス業者さんに週2をお願いしたのですが、訪問入浴チームが減り無理なのでと他の業者さんの利用を言われ、江東区の介護事業者情報システムの訪問入浴から選んで決めました。今月から代わったケアマネさんを通してると遅くなるので事後報告です。

20160813-1.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

20160813-2.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

4月2日に退院してからは身体機能が落ち、認知症もかなり進みました。散歩に出る回数が減り、横になってる時間も多くなったので、機能回復にもなるかなと考え訪問入浴を週2回に増やしました。102歳の身体には良いのか悪いのか、まあ試しにやってみる事にします。

20160813-4.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

20160813-3.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

先の業者さんのスタッフの皆さんは良い方ばかりで良くやっていただいていますが、3チームを2チームに減らされたそうで、1日の巡回回数が多くて随分とキツそうです。大手の介護業者の経営姿勢が見えます。

今日の業者さんは看護師・介護師さんとも女性です。入浴介助の仕方も色々と違うのがわかり、サービスが比べられて良かったです。シーツの無料交換サービスもあり、洗濯が助かります。

折り鶴のサービスにも驚きました。来た回数が分かるようにと、皆さんで休み時間に折っているそうです。103歳の誕生日の翌日で14羽、最終的には なん羽鶴が出来るのか楽しみです。


高齢猫の舞ちゃん

母102歳と7ヵ月、認知症もかなり進行し、記憶力がほとんどなくなりました。食事の後の唾の分泌調整が悪くなったのか、飲み込みが悪くなったのか、口からあふれたり、咳き込むことが多くなり、カテーテル吸引の回数が増えました。

睡眠時間は昼夜逆転で、朝まで起きてることが多いです。意味不明の言葉にならない声が延々と続きます。どうも無意識に声が出ている様で、うるさいよと言うと止みますが、しばらくするとまた始まります。

20160622.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

猫の舞ちゃんも7月16日で19才になります。眼はほとんど見えてないようですが、ぶつかったりしながらもちゃんとトイレに入って、母のベッドにも自力で上がれます。一日中のほとんど母の枕元で寝ています。

今日、動物病院に血液検査に行って来ました。検査数値の悪いのは、年なので仕方ないでしょうと先生の言葉。体重は4200グラムと小太りです(^_^;)。

20151102-2.JPG母の介護と車椅子での散歩風景
昨年の11月2日の写真です。この頃の母は、まだ無意識に声が出ることもなく静かでした。舞ちゃん、毎日添い寝をしてくれましたが、今はもう枕元ばかりで寝ていて、添い寝はしてくれないです。枕元から見守ってるのかな。


建て替え工事で移転していた水天宮が戻っていた

新大橋通りを散歩し、水天宮まで足を伸ばしたら、水天宮社殿・社務所の建て替え工事で、浜町公園前移転していた水天宮が完成して戻っていました。

20160508-1.JPG

20160508-2.JPG
水天宮は、福岡県久留米市の水天宮(久留米水天宮)を総本宮とし、日本全国にある神社です。

20160508-4.JPG
江戸時代より安産・子授けの神として、妊婦や子供を授かりたい夫婦や無事出産できた夫婦などが、安産や子授かりの願掛け、お礼参りなどで訪れて賑わっています。

水天宮の通りを東に進み、隅田川に架かる隅田川大橋を渡るためにラセン階段を登りました。
20160508-6.JPG
橋の上には首都高速があります。橋を渡ると箱崎インターです。

20160508-5.JPG
永代橋が見えます。永代橋下流は、隅田川と隅田川派川の分岐点で、両河川の後ろに林立するマンション群は、東京都心にある高級タワーマンション街の先駆けとして名高い場所だった佃島(つくだじま)です。

平成28年5月8日 撮影


TOPPAGE  TOP