生活援助の目的と自立支援(ホームヘルパー2級 研修9回目)

母の介護をしていて、介護のスキルがアップすれば、介護も楽に出来るようになると考えて、訪問介護員(ホームヘルパー2級)養成研修を受けています。今日は9回目で、生活援助の方法

生活援助の必要性と目的
家事は衣食住を中心とした、生命活動に付随して行なわれている行為。
家事に対する考え方は、個人や家庭の価値観に左右され、その方法も色々。

近年における核家族化の進行や、世帯の高齢化は、家庭の機能の低下とともに、家事を十分に行なえない状況をまねいている。
身体的介護を必要とするのと同様に、放置すれば生活の質の維持はもとより、生命の維持も確保できない。

介護保険制度における、訪問介護事業としての生活援助の内容は、標準化することが求められているが、現実には利用者のニーズに対しての標準化した生活援助を提供するのは難しい。

どの訪問介護員が行っても、サービス内容の量や、質の差のないよう訪問介護員の資質の標準化、均一化が必要。

訪問介護員はたかが家事と安易に取り組むのではなく、生活援助は利用者の生活を支援するための行為であり、福祉理念を基盤として提供されるサービス。

生活援助サービスは、身体介護と同様、利用者の生活の維持・向上をめざして提供される重要なもの。

生活援助の基本原則
利用者の暮らし方や、価値観をできるだけ大切にする。利用者や家族がこれまで続けてきたやり方を、まず尊重することが鉄則。
利用者との信頼関係。信頼関係を築くには、細かい配慮が必要。安全への配慮。援助の内容と質の統一。家事の原点は愛情と思いやりの心

生活援助の展開
なるべく早く訪問先の傾向をつかんでおく。臨機応変の対応ができること。決まった用具や材料が無いから、あるいは環境が整っていないからできないと、頭から決めつけてしまうと身動きがとれない。同時進行ができること。

適切な生活援助と自立支援
そうさせるのではなく、そうしてみたい自発的な気持ちが利用者に生まれるようにする。ささいなことでも、このような積み重ねが立派なリハビリテーション介護になる。

食生活の理解
栄養要求が人の生命を支え、身体の健康状態を健全に保ち、寿命を形成する土台になる。高齢者や障害者の日常的な食生活への理解が十分であるかどうかと言うことが、介護の基本として非常に重要なこと。

食事の機能
健康は栄養・運動・休養の3要素がバランスよく良好な状態。食事の機能は、これらの3要素の中心となる重要なもの。可能な限り、その者のもっている残存能力を活用し、自立を妨げないような支援を心がける。

栄養の理解
栄養素を含む食物を摂取し、これを分解し、消化吸収しエネルギーを生産するなど、生命を維持する。栄養素は、大きく分けて糖質、タンパク質、脂質、無機質(ミネラル)、ビタミンに分類される。これが5大栄養素。エネルギー源となる糖質、タンパク質、脂質を熱量素。タンパク質、無機質、ビタミンを保全素。保全素である栄養素は、他の栄養素で代替えすることができずに、欠乏すると健康を損なうこともあり、注意が必要。

以上テキストから抜粋してます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、日誌当番で、一日の授業の内容と、感想を書きました。
感想文 「介護は観察に始まり、観察に終わる。介護ヘルパーって大変な仕事だと再認識。介護利用者さんの家を掃除していて、棚に有った口紅のキャップを要らないと勝手に判断して捨ててしまったら、利用者さんが拾って元に戻した話。経験・体験談・失敗談を交えての分かりやすい楽しい授業でした。自分の価値観を押し付けない(自分の性格からして押し付けそうなので、改めなくては)。

今朝の母の第一声は、「きのう、デイサービスに行って良かった」でした。毎日寒いので、心配しながら行かせた今年初めてのデイサービスでしたが、元気な姿を取り戻したようなので、行かせて良かったです。

ホームヘルパー養成研修は、後44回の講習や実習が予定されています。母の介護のスキルアップに頑張らなくては!

タグ : ,

関連記事

  1. ホームヘルパー2級 養成研修 修了式
  2. 実習報告会4日目(ホームヘルパー2級 研修52回目)
  3. 実習報告会3日目(ホームヘルパー2級 研修51回目)
  4. 実習報告会2日目(ホームヘルパー2級 研修50回目)
  5. 実習報告会(ホームヘルパー2級 研修49回目)
  6. 高齢者疑似体験(ホームヘルパー2級 研修48回目)
  7. 入浴の介助(ホームヘルパー2級 研修47回目)
  8. 差し込み便器での介助(ホームヘルパー2級 研修46回目)
  9. 衣類の着脱の介助(ホームヘルパー2級 研修45回目)
  10. ベッドからポータブルトイレへの移乗(ホームヘルパー2級 研修44回目)
  11. 実習最終日は2度目の同行訪問(ホームヘルパー2級 研修43回目)
  12. 介護実習2日目(ホームヘルパー2級 研修42回目)
  13. パタカラ体操の歌(ホームヘルパー2級 研修41回目)
  14. 介護実習2日目は同行訪問(ホームヘルパー2級 研修40回目)
  15. デイサービス施設を見学(ホームヘルパー2級 研修39回目)
  16. 実習オリエンテーション(ホームヘルパー2級 研修38回目)
  17. 就職支援・就職活動日(ホームヘルパー2級 研修37回目)
  18. ベッド上で寝たままの洗髪(ホームヘルパー2級 研修36回目)
  19. 入浴の介護(ホームヘルパー2級 研修35回目)
  20. 食事の介護(ホームヘルパー2級 研修34回目)
  21. ホームヘルパー2級 研修33回目の授業を欠席
  22. 車椅子での移動の介護(ホームヘルパー2級 研修32回目)
  23. 誤嚥の対応(ホームヘルパー2級 研修31回目)
  24. 介護者には技術より心(ホームヘルパー2級 研修30回目)
  25. 衣類着脱の介護(ホームヘルパー2級 研修29回目)
  26. 車椅子への移乗の介護(ホームヘルパー2級 研修28回目)
  27. 寝床上での体位・姿勢変換(ホームヘルパー2級 研修27回目)
  28. 介護の心構え(ホームヘルパー2級 研修26回目)
  29. レクリエーション体験学習(ホームヘルパー2級 研修25回目)
  30. サービスコード表に書き込み(ホームヘルパー2級 研修24回目)
  31. 介護給付費の請求、返戻・査定(ホームヘルパー2級 研修23回目)
  32. 介護給付費明細書での注意点(ホームヘルパー2級 研修22回目)
  33. 通所介護・デイサービス(ホームヘルパー2級 研修21回目)
  34. 介護予防訪問介護(ホームヘルパー2級 研修20回目)
  35. サービスコード表(ホームヘルパー2級 研修19回目)
  36. 介護保険事務士の労務管理(ホームヘルパー2級 研修18回目)
  37. コンプライアンスと介護報酬(ホームヘルパー2級 研修17回目)
  38. 介護報酬とケアマネジメント(ホームヘルパー2級 研修16回目)
  39. 要介護認定・要支援認定(ホームヘルパー2級 研修15回目)
  40. 2000年4月に介護保険制度開始(ヘルパー2級 研修14回目)
  41. 事例報告のまとめ方(ホームヘルパー2級 研修13回目)
  42. ロールプレイの実践(ホームヘルパー2級 研修12回目)
  43. バイスティックの7原則(ホームヘルパー2級 研修11回目)
  44. ホームヘルパーの職業倫理(ホームヘルパー2級 研修10回目)
  45. 生活援助の目的と自立支援(ホームヘルパー2級 研修9回目)
  46. 福祉用具に関する知識(ホームヘルパー2級 研修8回目)
  47. 高齢者に多い嚥下困難(ホームヘルパー2級 研修7回目)
  48. 結晶性知能と流動性知能(ホームヘルパー2級 研修6回目)
  49. 加齢による老化(ホームヘルパー2級 養成研修5回目)
  50. 就職支援と障害・疾病の理解(ホームヘルパー2級 4回目)
  51. ホームヘルプサービス概論(ホームヘルパー2級 研修3回目)
  52. 要介護状態とは?(ホームヘルパー2級 研修2回目)
  53. ケアサービスの意義(ホームヘルパー2級 研修1回目)

コメントする

TOPPAGE  TOP