2000年4月に介護保険制度開始(ヘルパー2級 研修14回目)

母の介護をしていて、介護のスキルがアップすれば、介護も楽に出来るようになるのではと、訪問介護員(ホームヘルパー2級)養成研修を受けています。14回目の今日から、介護保険事務士基礎編が始まりました。

介護保険制度の創設

介護保険制度導入の背景
介護保険事務士にとって、介護保険制度の理解は欠かせないもので、介護保険制度の創設までの経緯と仕組みを学ぶ。

総人口に占める、65歳以上の高齢者の人口割合を高齢化率という。国際連合は、高齢化率が7%を越えた社会を高齢化社会と定義しているが、昭和45(1970)年に高齢化率が7%を突破して高齢化社会に突入する。

その24年後である平成6(1994)年には高齢化率は2倍の14%を越え、平成19(2007)年には21.5%に達しているが、高齢化が急激に進んできたのは、平均寿命の伸びと出生率の低下が要因として挙げられる。

昭和25(1950)年の平均余命は、男59.57歳、女62.97歳だったのが、57年後の平成19(2007)年には、男79.19歳、女85.99歳と20年も寿命が伸びた。

高齢化とともに進む要介護者の急増
前期高齢者といわれる65歳〜75歳未満の要介護出現率は、3.5%〜1.5%と比較的に低いものの、75歳を越えて後期高齢期に入ると急激に高くなり、80歳代前半ではおよそ10人に1人が、85歳以上では4人に1人近くが要介護状態になるとみられている。

平成12年(2000年)4月介護保険制度が始まるが、制度開始当時の予測を上回る数多くの要介護認定者が出た。同年4月には218万人の要介護認定者で始まったものが、7年後には440万人を数えて、当初開始10年後の見込みの数をはるかに上回った

そのもっとも大きな要因としては、介護サービスが措置制度(法にもとづいて行政庁がおこなう処分によって、福祉サービス利用の可否が決定される制度)から社会保険制度へと転換されたことによって、権利性が高まったことや、対象者の掘り起こし、介護予防の効果が十分ではなかったことなどが考えられる。

介護保険制度の目的は、社会全体で介護を支える介護の社会化。国民の共同連帯の理念にもとづき介護保険制度を設ける。介護サービス利用の措置制度から利用契約制度への転換。サービス利用者の自己選択権や自己決定権。保険・医療・福祉に分立していた介護サービスやその手続き、費用負担などの統一。サービス供給主体の多様化による競争原理の導入によるサービスの質の向上。ケアマネジメント導入による介護の標準化。

個人の尊厳の保持
年齢や障害の有る無しに関わらず人として尊重され、人間らしく基本的人権を保障され、大切に処遇されることを意味する。

社会的入院の問題 病状が安定し、ほとんど治療を必要としないにも関わらず入院を続けている状態。


介護保険制度の仕組み

介護保険は、健康保険・年金保険・雇用保険・労働者災害補償保険(労災)に次ぐ、日本で5番目の社会保険で、介護保険の保険者は、市町村および特別区(東京都の23区のこと)とされ、介護保険特別会計を設置して、介護保険に関する収入と支出を管理する。

被保険者
保険制度における被保険者とは、その制度に加入し、保険料を払うことで、その制度の目的である給付事由(これを保険事故という)が発生したときに、その損害などに対して補償給付を受けることができる者のことをいう。

介護保険では、その資格を法律によって定めて、資格をもつ者はすべて強制加入となっているが、それは、保険事故の危険を分散させて、健康な者が加入を避け、高い危険性をもつ者のみが加入するという逆選択を防ぐため。

介護保険の第1号被保険者の要件は、市町村の区域内に住所を有することと、年齢が65歳以上の者。第2号被保険者の要件は、市町村の区域内に住所を有し、年齢が40歳以上65歳未満の者で、医療保険加入者であること。

住所地特例
被保険者資格要件の一つは、現に住んでいる市町村の区域内に住所を有することだが、住所地特例という例外がある。

住所地特例というのは、他の市町村に所在する介護保険施設、特定施設、養護老人ホーム(これらを住所地特例対象施設という)に入所して、その施設の所在地に住所を変更しても、元の住所地市町村の被保険者とするという決まりがある。

これは、これらの施設が偏在している市町村に、介護サービス給付費負担が集中することを防ぐ為にとられている制度。

介護保険の財源構成
要介護認定者の急増により、2000年にスタートしたとき3.6兆円だったのが、2008年には、6.8兆円と大幅に増えている。

保険料の収納率が低下したり、予想以上に給付額が増大したりして、赤字に陥ってしまった場合には、市町村の一般会計から、繰り入れをしなくてすむように、都道府県財政安定化基金設置されている。

以上テキストから抜粋してます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日から介護保険事務士の基礎編が始まりました。今週末には早速のテストが有り、来週からは実務編です。実務編のテストに合格しないと介護保険事務士の免許がもらえません。計算機を片手に授業を受けます。ホームヘルパー養成研修は、後38回の講習や実習が予定されています。母の介護のスキルアップに頑張らなくては。

関連記事

  1. ホームヘルパー2級 養成研修 修了式
  2. 実習報告会4日目(ホームヘルパー2級 研修52回目)
  3. 実習報告会3日目(ホームヘルパー2級 研修51回目)
  4. 実習報告会2日目(ホームヘルパー2級 研修50回目)
  5. 実習報告会(ホームヘルパー2級 研修49回目)
  6. 高齢者疑似体験(ホームヘルパー2級 研修48回目)
  7. 入浴の介助(ホームヘルパー2級 研修47回目)
  8. 差し込み便器での介助(ホームヘルパー2級 研修46回目)
  9. 衣類の着脱の介助(ホームヘルパー2級 研修45回目)
  10. ベッドからポータブルトイレへの移乗(ホームヘルパー2級 研修44回目)
  11. 実習最終日は2度目の同行訪問(ホームヘルパー2級 研修43回目)
  12. 介護実習2日目(ホームヘルパー2級 研修42回目)
  13. パタカラ体操の歌(ホームヘルパー2級 研修41回目)
  14. 介護実習2日目は同行訪問(ホームヘルパー2級 研修40回目)
  15. デイサービス施設を見学(ホームヘルパー2級 研修39回目)
  16. 実習オリエンテーション(ホームヘルパー2級 研修38回目)
  17. 就職支援・就職活動日(ホームヘルパー2級 研修37回目)
  18. ベッド上で寝たままの洗髪(ホームヘルパー2級 研修36回目)
  19. 入浴の介護(ホームヘルパー2級 研修35回目)
  20. 食事の介護(ホームヘルパー2級 研修34回目)
  21. ホームヘルパー2級 研修33回目の授業を欠席
  22. 車椅子での移動の介護(ホームヘルパー2級 研修32回目)
  23. 誤嚥の対応(ホームヘルパー2級 研修31回目)
  24. 介護者には技術より心(ホームヘルパー2級 研修30回目)
  25. 衣類着脱の介護(ホームヘルパー2級 研修29回目)
  26. 車椅子への移乗の介護(ホームヘルパー2級 研修28回目)
  27. 寝床上での体位・姿勢変換(ホームヘルパー2級 研修27回目)
  28. 介護の心構え(ホームヘルパー2級 研修26回目)
  29. レクリエーション体験学習(ホームヘルパー2級 研修25回目)
  30. サービスコード表に書き込み(ホームヘルパー2級 研修24回目)
  31. 介護給付費の請求、返戻・査定(ホームヘルパー2級 研修23回目)
  32. 介護給付費明細書での注意点(ホームヘルパー2級 研修22回目)
  33. 通所介護・デイサービス(ホームヘルパー2級 研修21回目)
  34. 介護予防訪問介護(ホームヘルパー2級 研修20回目)
  35. サービスコード表(ホームヘルパー2級 研修19回目)
  36. 介護保険事務士の労務管理(ホームヘルパー2級 研修18回目)
  37. コンプライアンスと介護報酬(ホームヘルパー2級 研修17回目)
  38. 介護報酬とケアマネジメント(ホームヘルパー2級 研修16回目)
  39. 要介護認定・要支援認定(ホームヘルパー2級 研修15回目)
  40. 2000年4月に介護保険制度開始(ヘルパー2級 研修14回目)
  41. 事例報告のまとめ方(ホームヘルパー2級 研修13回目)
  42. ロールプレイの実践(ホームヘルパー2級 研修12回目)
  43. バイスティックの7原則(ホームヘルパー2級 研修11回目)
  44. ホームヘルパーの職業倫理(ホームヘルパー2級 研修10回目)
  45. 生活援助の目的と自立支援(ホームヘルパー2級 研修9回目)
  46. 福祉用具に関する知識(ホームヘルパー2級 研修8回目)
  47. 高齢者に多い嚥下困難(ホームヘルパー2級 研修7回目)
  48. 結晶性知能と流動性知能(ホームヘルパー2級 研修6回目)
  49. 加齢による老化(ホームヘルパー2級 養成研修5回目)
  50. 就職支援と障害・疾病の理解(ホームヘルパー2級 4回目)
  51. ホームヘルプサービス概論(ホームヘルパー2級 研修3回目)
  52. 要介護状態とは?(ホームヘルパー2級 研修2回目)
  53. ケアサービスの意義(ホームヘルパー2級 研修1回目)

コメントする

TOPPAGE  TOP