食事の介護(ホームヘルパー2級 研修34回目)

母の介護をしていて、介護のスキルがアップすれば、介護も楽に出来るようになるのではと、訪問介護員(ホームヘルパー2級)養成研修を受けています。今日は34回目、基本介護技術編で食事の介護を勉強。

食事の介護
食事によって必要な栄養を摂取することは、健康維持に欠かせなく、一日のリズムを作るのに食事は役立ち、単調になり易い生活のなかでは、良い刺激となる。

楽しく、おいしく食事することが出来れば、日常生活における、生き甲斐や楽しみとなるので、安全においしく食べて、心身ともに健康に過ごせるように介護する事が大切。

マヒや障害の有無と程度、嚥下(えんげ)状態、そしゃく力などを確認し、必要な介助がどの程度なのかを判断する。

そしゃくによってかみ砕かれ、唾液(だえき)と混じり合った食物や、吸い込まれた液体は、舌の上に集められ、口腔(こうくう)、咽頭(いんとう)の協同運動によって食道を経て胃に送られる。この一連の動作を嚥下という。

食欲の有無、摂取の量と種類、水分摂取量、食べ具合、食事にかかった時間などを観察する。

最初に汁物などで、ノドを潤すように助言する(誤嚥の防止)。食事量が少ない場合は、原因を確かめ、介助で補うように努めるが、無理強いはさける。1回の食事時間は、30〜40分位がめやす。

以上テキストから抜粋してます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベッドに横たわって、介護者役の同じ受講生から、水、きざみ野菜、とろみ剤を混ぜた水などを食べさせてもらっていて、ン年後には本当に、こうやって介護される時が来るかもと想像しました。

その時になったら、今とは違う気持ちになるのでしょうが、スプーンで食べさせられる体験をして、自分では何も出来なくなってしまうのかと、暗い気持ちになりました。まだ認知症でなく理性が残っていたら、自殺したくなるのではと。

昨日届いた友からのメールが、今の心境にぴったりなことが書いてあったので、掲載しました。事後承諾です。

前略
ボランティア関係に多く関わっているので、最近良く云う事やけど、我々生きている世界(現生)が幸せな世界で死んだら、あの世が何にも無く天国なのか、地獄なのか判らないので、不安を感じ、向こうに行くことに抵抗を感じているが、ひょっとすると(逆転の発想)すごく良い世界(現生でどう過ごしたのかに依って、住む世界が変わると云う人がいるが)が在るのかも知れない...。

逆にそうであるならば、その事が現生で生きている人に周知されれば生きている人が居なくなるので、死後の世界が空虚で何にも無いと思わされているかも...と云う様な勝手な妄想をすると、案外死に対する抵抗は無くなる。

我々に判っているのは、確実に寿命に対するカウントダウンは生まれた時から始まっているという事。死をどう受け入れるかは個々により異なるが、肝心なのは、どう安らかな気持ちで死を迎えられるかと云う事に尽きるのかも知れない。

身体、理性、人としての尊厳が失われて行く過程で、人様に迷惑を及ぼす心苦しさは理性が有れば耐えられない程の苦しさとなり、生きておられない程の苦痛と良心の痛みを感じ、とても耐えられない。

人間の脳はうまく出来ている様で、それを緩和する機能が働き自己防衛し、バランスを保とうする。自分の寿命が判っていれば、対処の仕方なり生き方も変わるのだが、全く明日は判らない。

中略

大事なのはあまり根を詰めず、気持ちにゆとりが無いと、上手くいかないと云う事。それを口実にゴルフに精を出している。お互い、余り精を出し過ぎない様に気をつけようぜ。遊びが必要やぜ。


友は、しばらく東京に単身赴任していましたが、現在はリタイヤして 田舎 に帰った友の名刺には、総務省 行政相談員 の肩書きがありました。

ホームヘルパー養成研修は、後19回の講習や実習が予定されています。母の介護がスキルアップするように頑張らなくては。

関連記事

  1. ホームヘルパー2級 養成研修 修了式
  2. 実習報告会4日目(ホームヘルパー2級 研修52回目)
  3. 実習報告会3日目(ホームヘルパー2級 研修51回目)
  4. 実習報告会2日目(ホームヘルパー2級 研修50回目)
  5. 実習報告会(ホームヘルパー2級 研修49回目)
  6. 高齢者疑似体験(ホームヘルパー2級 研修48回目)
  7. 入浴の介助(ホームヘルパー2級 研修47回目)
  8. 差し込み便器での介助(ホームヘルパー2級 研修46回目)
  9. 衣類の着脱の介助(ホームヘルパー2級 研修45回目)
  10. ベッドからポータブルトイレへの移乗(ホームヘルパー2級 研修44回目)
  11. 実習最終日は2度目の同行訪問(ホームヘルパー2級 研修43回目)
  12. 介護実習2日目(ホームヘルパー2級 研修42回目)
  13. パタカラ体操の歌(ホームヘルパー2級 研修41回目)
  14. 介護実習2日目は同行訪問(ホームヘルパー2級 研修40回目)
  15. デイサービス施設を見学(ホームヘルパー2級 研修39回目)
  16. 実習オリエンテーション(ホームヘルパー2級 研修38回目)
  17. 就職支援・就職活動日(ホームヘルパー2級 研修37回目)
  18. ベッド上で寝たままの洗髪(ホームヘルパー2級 研修36回目)
  19. 入浴の介護(ホームヘルパー2級 研修35回目)
  20. 食事の介護(ホームヘルパー2級 研修34回目)
  21. ホームヘルパー2級 研修33回目の授業を欠席
  22. 車椅子での移動の介護(ホームヘルパー2級 研修32回目)
  23. 誤嚥の対応(ホームヘルパー2級 研修31回目)
  24. 介護者には技術より心(ホームヘルパー2級 研修30回目)
  25. 衣類着脱の介護(ホームヘルパー2級 研修29回目)
  26. 車椅子への移乗の介護(ホームヘルパー2級 研修28回目)
  27. 寝床上での体位・姿勢変換(ホームヘルパー2級 研修27回目)
  28. 介護の心構え(ホームヘルパー2級 研修26回目)
  29. レクリエーション体験学習(ホームヘルパー2級 研修25回目)
  30. サービスコード表に書き込み(ホームヘルパー2級 研修24回目)
  31. 介護給付費の請求、返戻・査定(ホームヘルパー2級 研修23回目)
  32. 介護給付費明細書での注意点(ホームヘルパー2級 研修22回目)
  33. 通所介護・デイサービス(ホームヘルパー2級 研修21回目)
  34. 介護予防訪問介護(ホームヘルパー2級 研修20回目)
  35. サービスコード表(ホームヘルパー2級 研修19回目)
  36. 介護保険事務士の労務管理(ホームヘルパー2級 研修18回目)
  37. コンプライアンスと介護報酬(ホームヘルパー2級 研修17回目)
  38. 介護報酬とケアマネジメント(ホームヘルパー2級 研修16回目)
  39. 要介護認定・要支援認定(ホームヘルパー2級 研修15回目)
  40. 2000年4月に介護保険制度開始(ヘルパー2級 研修14回目)
  41. 事例報告のまとめ方(ホームヘルパー2級 研修13回目)
  42. ロールプレイの実践(ホームヘルパー2級 研修12回目)
  43. バイスティックの7原則(ホームヘルパー2級 研修11回目)
  44. ホームヘルパーの職業倫理(ホームヘルパー2級 研修10回目)
  45. 生活援助の目的と自立支援(ホームヘルパー2級 研修9回目)
  46. 福祉用具に関する知識(ホームヘルパー2級 研修8回目)
  47. 高齢者に多い嚥下困難(ホームヘルパー2級 研修7回目)
  48. 結晶性知能と流動性知能(ホームヘルパー2級 研修6回目)
  49. 加齢による老化(ホームヘルパー2級 養成研修5回目)
  50. 就職支援と障害・疾病の理解(ホームヘルパー2級 4回目)
  51. ホームヘルプサービス概論(ホームヘルパー2級 研修3回目)
  52. 要介護状態とは?(ホームヘルパー2級 研修2回目)
  53. ケアサービスの意義(ホームヘルパー2級 研修1回目)

コメントする

TOPPAGE  TOP