清澄公園から霊巖寺を散歩と、トイレの話 

清澄公園まで散歩しました。良い天気でした。
240505kiyosumi01.jpg

緑の風景が気持ち良かったです。
240505kiyosumi02.jpg

240505kiyosumi03.jpg

240505kiyosumi04.jpg

清澄公園から帰ろうとしたら、年配の方に道を聞かれました。埼玉県から東京に散策に来て、霊巖寺を探していると言うので、昨年尋ねたことのある霊巖寺にまた行ってみる気になり、一緒に行って入り口まで案内しました。
240505reiganji01.2.jpg

240505reiganji01.jpg

240505reiganji02.jpg

240505reiganji03.jpg

霊巌寺は江東区の白河に有りますが、この白河という地名は、松平定信の出身地の陸奥白河(福島県)に由来しているそうです。

240505reiganji06.jpg

境内には、享保2年(1717年)に造られた江戸六地蔵の第五番目が安置されています。銅造地蔵菩薩坐像(東京都指定有形文化財・彫刻)。
240505reiganji04.jpg

240505reiganji11.jpg

240505reiganji05.jpg

松平定信の墓は塀の中でしたが、門の柵越しから見えました。
240505reiganji07.jpg

松平定信の墓です。
240505reiganji09.jpg

240505reiganji08.jpg

霊巌寺には、11代将軍徳川家斉のもとで老中首座として寛政の改革を行った松平定信の墓をはじめ、今治藩主松平家や膳所藩主本多家など大名の墓が多く存在しています。

240505reiganji10.jpg

最寄り駅は、半蔵門線・都営大江戸線の清澄白河駅から徒歩5分ほどです。霊巌寺の隣には深川江戸資料館があります。

深川江戸資料館通り商店街にあるお土産店。あさり炊き込みご飯の具と、あさり丼の具を買って帰りましたが、日本一まずいの看板どうりにマズかった(笑)。でも私は味覚オンチなので、ほんとは美味いのでしょうね。
240505reiganji12.jpg


トイレの話
母は自立心が強く、何でも自分で出来ることは自分でする性分です。小学生の時の校長先生に、自分のことは自分でするようにと教わったからと言っています。

夜中に何度も起きて、自分でトイレに行きます。紙パンツの中のパットを上手に取り替えています。デイサービスの職員さんにも、褒められたと言っていました。

オシッコならパットの中に吸収されてるのでセーフなのですが、ウンチの場合はそうはいきません。

ウンチをしたくなった時にも、パットの中に出てしまっている事があります。なので紙パンツを下げた時に、床にポロリと落ちて、足で踏んでしまいます。

落ちなくても、パットを取る時に便器に付けてしまっているようです。現場を見ていませんが、物証から推察できます(笑)。

自立心が強いので、紙パンツを履き替え、床の始末もちゃんとしています。

ウンチを便器や床に擦り付けているだけなのですが、本人にしてみると、掃除してきれいになっているように見えるのですね。

汚れたスボンやスボン下を、トイレの隅っこに隠すように突っ込んでる時もあります。そして忘れてしまうのですね。ウンチしたことも。

「お母さん、ウンチのときは言ってね」と、お願いしていますが、、、。

一日でも長く、元気な毎日を過ごして欲しいです。
 

タグ : ,

関連記事

  1. 神明宮例大祭を夜の散歩
  2. 清澄公園から霊巖寺を散歩と、トイレの話 
  3. 68年ぶりの「三石山観音寺」参詣
  4. 神輿蔵の中の龍と虎

コメントする

TOPPAGE  TOP