深川七福神・布袋尊

酷暑の毎日です。早朝の隅田川沿い、江東区側のテラスを散歩しました。対岸の中央区側は6時を過ぎると朝日が当たるので、歩いているい人は誰もいないです。後ろの橋は清洲橋。(平成25年7月10日)
250710-1.JPG

散歩してる男女のほとんどが高齢者です。母はすれ違う人たちに手を上げて「おはようございます」と挨拶をします。

犬を散歩させている人には「良い犬ですね、可愛いですね」と挨拶します。子供には「可愛いね、何歳ですか」と声をかけます。


江東区清澄の深川稲荷神社の中にある、深川七福神のひとつ、布袋尊です。(平成25年7月13日)
250713hoteison.JPG

深川稲荷神社は、383年前の寛永7年の創建と伝えられています。以前は、旧町名の西大工町にちなんで俗に西大稲荷と呼ばれていました。関東大震災(1923年)の後の区画整理により町名が変更し、昭和27年頃から深川稲荷神社となりました。深川七福神のひとつ、布袋尊として親しまれているそうです。

陽が登ってしまってからの散歩は日射病が怖いです。5時過ぎには起床しないと遠くまで行けません。一日でも長く、元気な毎日を過ごして欲しいです。

タグ :

関連記事

  1. 深川七福神・福禄寿
  2. 深川七福神・毘沙門天
  3. 深川七福神・弁財天
  4. 深川七福神・大黒天
  5. 深川七福神・恵比須神
  6. 深川七福神・寿老神
  7. 深川七福神・布袋尊

コメントする

TOPPAGE  TOP