ショートステイ(短期入所介護)先でしりもち

両国国技館入り口で231013kokugikan.jpg


ショートステイ(短期入所介護)での介護サービスを受けていますが、ケアマネージャーにお願いして、先月からショートステイの介護業者を変更しました。

今までの施設は、昨年開業したばかりの大きくてきれいな施設で、若い介護師さんばかりでした。初めて施設を利用した時に母を訪問して、床のホコリにビックリしました。人手不足かと思いましたが、少人数でやっているようです。

夜間の介護師さんはもっと少なくなるので、サービスは大丈夫なのかなと心配でしたが、昨年12月15日、ショートステイ先から転んだとの電話があり駆けつけました。尻餅をついて転んだのです。

ショートステイ先の近所の接骨院でレントゲンを撮ったそうですが、骨に異常がないとのことで、ショートステイの期日が過ぎて、我が家に帰って寝ていました。

が、日に日に痛みを訴えるので、行きつけの病院でCTスキャン検査をししました。検査の結果は圧迫骨折で、即入院しました。

入院治療の後、病院の施設でリハビリを受けながら、3ヵ月近く入院して良くなりました。

今年も5月に施設から帰って来て、腰が痛いと言うので母に話を聞くと、夜間にトイレに行く時には介護師さんが介助してくれたが、トイレを終えても中々来てくれないので、自分でベッドに戻る時に腰をひねって痛めたとか。

寝たきりになってしまい、休みに会社から帰ってオムツ替えをしたりと、朝・昼・夕・夜と1日4回しか交換出来ませんでしたが、オムツ生活が1ヵ月続きました。中腰になるので私も腰が痛くなりましたね。

先月からお世話になっているショートステイの施設は、建物も古くて狭いですが、介護師さん達はみなさんベテランばかりです。

送迎サービスは無くて、介護タクシーで付き添わなくてはならないのですが、施設利用料は以前は1日6千円以上でしたが、現在の施設は3千円程と、安くておどろいています。

一日でも長く、元気な毎日を過ごして欲しいです。

TOPPAGE  TOP