左上腕の骨折

またまたベッドから滑り落ち、腕が痛いと言うので整形外科を受診すると、左上腕のレントゲン写真には斜めに筋が入っていた。

270512kossetu.JPG

夜中に、いつものように高さ30センチのベッドに腰掛けていて、お尻がズルズルと前に出ていて、やばいなそろそろ落ちるなと分かっていたが、酔っていたので対処が遅れた。

実際に目の前でスローモーションのように左側に滑って落ちて行くのを見ていたが、左腕を後ろ側についてひねったようになったのが折れた原因だ。

先生の診断の結果は全治3ヵ月。三角巾で固定しないと骨折個所がズレてくっつきにくくなるのでと注意を受けたが、認知症の母は骨折しているのを忘れてしまい、三角巾をすぐに外してしまう。

2ヵ月経った現在、トイレの介助に痛い痛いと言っていたのが、日に日に痛いと言わなくなってきた。まだしばらくは腕ではなく脇の下を持っての介助をしなくてはならない。

関連記事

  1. "摘便"は介護の基本なのに医療行為になっている。
  2. 久しぶりの眼科検診
  3. 吸引カテーテル挿入のコツ
  4. 左上腕の骨折

コメントする

TOPPAGE  TOP