建て替え工事で移転していた水天宮が戻っていた

新大橋通りを散歩し、水天宮まで足を伸ばしたら、水天宮社殿・社務所の建て替え工事で、浜町公園前移転していた水天宮が完成して戻っていました。

20160508-1.JPG

20160508-2.JPG
水天宮は、福岡県久留米市の水天宮(久留米水天宮)を総本宮とし、日本全国にある神社です。

20160508-4.JPG
江戸時代より安産・子授けの神として、妊婦や子供を授かりたい夫婦や無事出産できた夫婦などが、安産や子授かりの願掛け、お礼参りなどで訪れて賑わっています。

水天宮の通りを東に進み、隅田川に架かる隅田川大橋を渡るためにラセン階段を登りました。
20160508-6.JPG
橋の上には首都高速があります。橋を渡ると箱崎インターです。

20160508-5.JPG
永代橋が見えます。永代橋下流は、隅田川と隅田川派川の分岐点で、両河川の後ろに林立するマンション群は、東京都心にある高級タワーマンション街の先駆けとして名高い場所だった佃島(つくだじま)です。

平成28年5月8日 撮影

タグ :

関連記事

  1. 建て替え工事で移転していた水天宮が戻っていた
  2. 水天宮が日本橋浜町に移転中

コメントする

TOPPAGE  TOP