新小名木川の水門

清澄公園への散歩で、萬年橋を通ることが多いです。

270322-5.JPG母の介護・萬年箸
小名木川に架かる萬年橋。隅田川テラスに降りる階段があるので、朝はウォーキングする方が沢山通るが、車の通行は少ない。

270322-4.JPG
万年橋通りだが、一つ目通りとも言う。

270322-1.JPG母の介護新小名木川の水門
万年橋上から撮影。小名木川から隅田川に合流する手前にある新小名木川の水門。

270322-6.JPG隅田川・母の介護
万年橋上から撮影した反対側、隅田川に合流した風景。左側に清洲橋が見える。

270322-2.JPG母の介護

江東三角地帯には、小名木川、大横川などの堀状の内部河川が縦横に流れている。新小名木川水門は、小名木川が隅田川に合流する地点に設けられ、平常時は解放されているが、台風が接近し高潮の恐れのある場合はもちろん、台風以外でも高潮位が予想されるときは閉鎖する。また、地震により津波のおそれが生じたときは、ただちに閉鎖する。(江東区公報より)

270322-3.JPG母の介護・水門
隅田川と荒川に挟まれた江東三角地帯は、ゼロメートル地帯といわれ、満潮時には大部分が水面下となる。新小名木川水門は、高潮や洪水、津波などの水害からの安全を守る働きをしています。
 

関連記事

  1. 半年ぶりに髪をカット
  2. 最後の花見になるかな・・・
  3. 新小名木川の水門
  4. 小名木川の桜

コメントする

TOPPAGE  TOP