みなさぶろうの「チャペルに続く白い道」

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさぶろうの14曲目は、西郷輝彦さんの「チャペルに続く白い道」。西郷輝彦さんは昭和39(1964)年2月クラウンレコードより「君だけを」でデビューし、2ヶ月後に発表された2曲目が、この「チャペルに続く白い道」でした。

20171214.png

作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん
ネムの並木のこの道は チャペルに続く白い道 野原を越えて鐘の音は 雲の彼方に消えてゆく あしたも二人で歩こうね チャペルに続く白い道
雨に嵐に負けないで いつでも強く生きようと チャペルの鐘は きょうもまた ぼくと君とによびかける 二人の夢はふくらむよ チャペルに続く白い道
暗く貧しいすぎた日も 心の中はいつの日も 明るくすんだ鐘の音に 明日の幸せ夢みてた 思いのすべてをこめた道 チャペルに続く白い道

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kaigo55.com/mt-tb.cgi/102

コメントする

このブログ記事について

このページは、minasaburoが2017年12月14日 11:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みなさぶろうの「赤い花」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12