2019年1月アーカイブ

みなさぶろうの33曲目は、1965年(昭和40年)に発売された西郷輝彦さんの「から松林の別れ道」です。
karama33.jpg

作詞:水島哲 作曲・編曲:北原じゅん
画像は、utatane song さんからお借りしました。
2019年1月15日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と5ヶ月。  
から松林の別れ道 君とさよならさせる道 あしたまたねと手を握りゃ 茜の雲がきょうもまた 君のひとみにうつってた
から松林の別れ道 なぜかさびしくさせる道 君の姿が消えるまで 見送るぼくの影長く 風に梢が鳴っていた
から松林の別れ道 みんなそう呼ぶ細い道 けんかした日の君とぼく 仲なおりしたときのこと すべて知ってる別れ道

みなさぶろうの32曲目「雪が降る」は、アダモにとって世界で最もよく知られた代表曲のひとつです。
yukiga32.png

作詞:安井かずみ/作曲:Salvatore Adamo (アダモ)
2019年1月15日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と5ヶ月。
雪は降る あなたはこない 雪は降る 重い心にむなしい夢 白い涙 鳥は遊ぶ 夜は更ける あなたはこない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり ラァ~ラ ラ~ラ ラ~ラ ラ~
雪は降る あなたの来ない夜 雪は降る すべては消えた むなしい夢 白い涙 鳥は遊ぶ 夜は更ける あなたはこない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり ラァ~ラ ラ~ラ ラ~ラ ラ~

みなさぶろうの31曲目は、西郷輝彦さんのデビュー曲(昭和39年・1964年)です。
kimi31.jpg

作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん
動画は、8823 ターミナルズさんからお借りしました。
曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
いつでも いつでも 君だけを 夢にみている ぼくなんだ 星の光を うつしてる 黒い瞳に 出合うたび 胸がふるえる ぼくなんだ

いつでも いつでも 君だけが 待っていそうな 街の角 そんな気持に させるのは 君の素敵な 黒い髪 雨に濡れてた 長い髪

いつでも いつでも 君だけと 歩きたいのさ 夜の道
ふたつ並んだ あの星も いつも仲良く ひかってる
君と僕との そのように

みなさぶろうの30曲目「灯ともし頃」は、森下文化センターの歌謡教室での課題曲でした。
hitomosi.jpg

キーはプラス5です。作詞・作曲:永井龍雲/編曲:萩田光雄
動画は、山口えい子さんからお借りしました。
曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
寂しげに 街が暮れ行く 灯ともし頃は 貴方の声が 聞きたくなります 電話かけても いいですか

みなさぶろうの29曲目は、中学生の時よく歌った、西郷輝彦さんの「十七才のこの胸に」です。
000.png

作詞:水島 哲/作曲:北原 じゅん
曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
動画は、8823 ターミナルズさんからお借りしました。
風に吹かれた 花びらを うかべて波は 遠ざかる ひとりぼっちの 湖は 口笛さえも 切れ切れに 山むらさきに 夜がくる
空をまっかに そめながら どこ行く夕日 ひとり旅 そっとよぼうか 思い出を 十七才の この胸に しまっておいた 思い出を
夜がしずかに 訪れりゃ 湖さみし 風さみし ひとりぼっちのぼくだから あてなくたどる落葉松の 林の道を ただひとり

みなさぶろうの28曲目は、北島三郎さんの北の大地です。
北の大地2.png

作詞:星野哲郎/作曲:船村 徹/編曲:南郷達也
曲は、2018年11月9日 カラオケ館・錦糸町店で収録
はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ エゾ松林 母の大地に根を下ろし 雪を吸い みぞれを背負い
この人生を アア... アアア... 噛みしめる
鈴蘭よ ハマナスよ 出逢いの時を 信じて耐えた 愛がそのまゝ 花となる その姿 その凛々しさが
縛られた春の アア...アアア... 扉を開ける
ギラギラと 燃えながら 夕陽はうたう 大地の歌を 汗と涙を 分けあった 幾歳の 希望の道に
おまえとおれの アア...アアア... 星が降る

みなさぶろうの27曲目は、真木ひでとさんの「おんなの夢」
onnano27.png

作詞:悠木圭子/作曲:鈴木 淳

おんなの夢は、1975年に発売された八代亜紀さんの10枚目のシングル。
この曲をカバーした真木ひでとさんは、グループサウンド「オックス」のヴォーカルを務めた後、演歌歌手として活動。

2012年に、ソニーミュージックより歌手デビュー45周年を記念して、21曲収録の「陶酔炎歌」が発売され、この「おんなの夢」も収録されています。

女房の勧めで歌ったのですが、真木ひでとさんとキーが同じなので気持ち良く歌えました。
11月27日の誕生日で68歳。私と同年です(((((^◇^;) 。
カラオケ館・錦糸町店で収録。

一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を... 夢を... 夢をみたのよ 他人じゃないよと 抱きしめられて 一生一度の 恋に泣く
ひとりでこれから 生きるより 例え日陰の 花でもいいの あゝ涙... 涙... 涙かみしめ 人のそしりも 耐えているけど 女ですもの 泣きたいの
あなたと暮らす しあわせは 私ひとりの 夢でもいいの あゝ女... 女... 女運命を 夜の化粧に 涙をかくし 一生一度の 恋に泣く

みなさぶろうの26曲目は、小金沢昇司さんの「おぼえていますか」です。
oboete26.png
作詞:麻こよみ/作曲:大谷明裕
錦糸町・カラオケ館にて録音(2018年10月2日)
おぼえていますか 雨の街角 別れたあの日を 思えばつらい

みなさぶろうの25曲目は、尾形大作さんの無錫旅情です。
musyaku25.png

作詞・作曲:中山大三郎
32年前にリリースされ、130万枚以上の大ヒットソングとなった尾形大作さんの代表曲です。1987年の第29回日本レコード大賞を受賞してます。
錦糸町・カラオケ館にて録音(2018年10月2日)

君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて しあわせつかめと チャイナの旅路を 行くおれさ 上海 蘇州と 汽車に乗り 太湖のほとり 無錫の街へ

船にゆられて 運河を行けば ばかな別れが くやしいよ あんなに愛した あんなにもえてた いのちを賭けたら できたのに 涙の横顔 ちらついて 歴史の街も ぼやけて見える

むかしながらの ジャンクが走る はるか小島は 三山か 鹿頂山から 太湖をのぞめば 心の中まで 広くなる
ごめんよ も一度 出直そう 今度は君を はなしはしない

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12