みなさぶろうの「白雲の城」

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさぶろうの64曲目は、2003年(平成15年)2月に発売された氷川きよしさんの「白雲の城」です。
20200409.png
作詞:松井由利夫/作曲:水森 英夫 カラオケは「楽しく唄って」さんから頂きました。
みなみなさぶろう69歳と6ヵ月の時。
夢まぼろしの 人の世は 流れる雲か 城の跡 苔むすままの 石垣に 栄華の昔 偲べども 風 蕭条と 哭くばかり
城 默して 語らず 天 永遠に 動かず 人 人のみ 心 揺れて
月影浮かべ 滿々と 湛えし堀も 水涸れて 名もなき花に 宿る露 幾星霜の 病葉が 積もりて朽ちし 大手門
心の褥 草まくら 誰が吹く笛か 琴の音か 月下に起てる 若武者の 凛々しき姿 今いずこ ああ 荒城の 秋が逝く


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kaigo55.com/mt-tb.cgi/121

コメントする

このブログ記事について

このページは、minasaburoが2020年4月 9日 09:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みなさぶろうの「から松林の別れ道」」です。

次のブログ記事は「66歳から青春歌謡などを YouTubeに歌をアップしてます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12