カラオケを上手く歌うコツ

カラオケに自信がありますか?

私は上手いですよ、自信あります。ホント、マイクを離しません(笑)。
歌唱力はいまいち(女房の採点)ですが、声量がありますよ。

感動のない下手なカラオケほど、退屈なものはありませんね。
自分の歌声を知らない、自己満足の歌は迷惑です。
って昔の私がそうでした(^_^;)。

カラオケは楽しむものですが、個室以外では周りを意識してほしいです。
と、こんな事を言ったら下手な人は歌を歌えなくなりますよね。

下手より上手なほうが、聞く人も楽しいし感動させられますが、下手でも、カラオケは好感が持てれば良いのではないでしょうか。

カラオケが苦手な人は、たいてい経験不足ですよね。
私も昔は人前で歌った事が無く、歌は苦手でした。
仲間でカラオケに行っても、いつも聞く方でした。

ある日、これではいけないと、練習するようにしました。
風呂場で、車を運転しながら、誰もいない仕事場でも。

スポーツでも、練習している人は上手いですよね。
カラオケも同じです。

まず、上手く歌おうとしない事が大事ですね。
上手く歌おうとすると、意識しすぎて自分の自然の声が出なくなります。

練習してると、女房によく言われます。
上手く歌おうとしない、大声を出さないで、自然に歌いなさい、と。
女房が私の先生です(^_^;)。

自分の好きな歌、自分の声にあった歌などの選曲が大事ですね。
でも、選曲は自分では解りませんので、色んな歌を歌ってみると良いです。

私は演歌が苦手だと思っていましたが、今は演歌が持ち歌のほとんどになってます。
うならないで、自分なりに自然と歌うと、誰の歌?と聞かれます。

練習、練習、辛抱強く、くり返し練習をすると、下手なりに? 歌えるようになって来ます。
カラオケが上手くなる本などを、読むだけでも読まない時より上達しますよ。

まず、カラオケになれる、あがらない為には場慣れ(回数)する。
人に聞かせようと考えないで、気持ちよく歌う。

肩の力を抜いて、お腹で大きく息をする。
カラオケを良く聴いて、リズムにのる。
節回しは柔らかく、うならないで自然にまわし、言葉のメリハリ、上り下がりをはっきりと歌う。

そして、一番大事なのはマイクの持ち方です。
小さな声のときは近くに持ち、大きく声を出すときは離して、マイクに唇を付けないように気を付けて歌いましょう。

お酒を飲める人でも、飲み過ぎると声が出なくなりますし、カラオケのメロディーを追えなくなりますので程々にして歌いましょう。

人前で歌を歌えるようになると、生活が人生が楽しくなります。
って言いたいのですが、酔ってないと唄えないです。
その点、YouTube は良いですね。
舟木一夫さんや、西郷輝彦さん、北島三郎さんなど、気に入ったのに挑戦しています。

病気をしないで、健康に長生きしたいです。

TOPPAGE  TOP