高齢猫の舞ちゃん

母102歳と7ヵ月、認知症もかなり進行し、記憶力がほとんどなくなりました。食事の後の唾の分泌調整が悪くなったのか、飲み込みが悪くなったのか、口からあふれたり、咳き込むことが多くなり、カテーテル吸引の回数が増えました。

睡眠時間は昼夜逆転で、朝まで起きてることが多いです。意味不明の言葉にならない声が延々と続きます。どうも無意識に声が出ている様で、うるさいよと言うと止みますが、しばらくするとまた始まります。

20160622.JPG母の介護と車椅子での散歩風景

猫の舞ちゃんも7月16日で19才になります。眼はほとんど見えてないようですが、ぶつかったりしながらもちゃんとトイレに入って、母のベッドにも自力で上がれます。一日中のほとんど母の枕元で寝ています。

今日、動物病院に血液検査に行って来ました。検査数値の悪いのは、年なので仕方ないでしょうと先生の言葉。体重は4200グラムと小太りです(^_^;)。

20151102-2.JPG母の介護と車椅子での散歩風景
昨年の11月2日の写真です。この頃の母は、まだ無意識に声が出ることもなく静かでした。舞ちゃん、毎日添い寝をしてくれましたが、今はもう枕元ばかりで寝ていて、添い寝はしてくれないです。枕元から見守ってるのかな。

タグ : ,

関連記事

  1. 高齢猫の舞ちゃん
  2. 夜間も日曜日も安心な往診と訪問診療

コメントする

TOPPAGE  TOP